相続手続の流れ

被相続人の死亡による相続開始

(葬式費用の領収書は保管してください)

死亡届の提出(7日以内)

預貯金の凍結

遺言書の有無の確認

検認の要否,遺言執行者の選任の要否)

関係資料の収集

@ 被相続人名義のもの

  出生から死亡までの連続した戸籍謄本(除籍・改製原戸籍謄本),住民票の除票,不動産の登記事項証明書,固定資産税評価証明書,金融機関発行の残高証明書,自動車検査証,ゴルフ会員権証書等

A 相続人名義のもの

  戸籍謄本,住民票の写し,印鑑登録証明書等

 


死亡保険金・死亡退職金の請求

 

 


国民健康保険葬祭費・健康保険(社会保険)埋葬料の請求
 

(死亡日・葬祭を行った日の翌日から2年で時効)

相続人の確認,相続財産・相続債務(葬式費用等)の調査

相続財産目録の作成

相続財産・債務の評価

相続人の確定

(相続放棄・限定承認は,相続開始後3か月以内)

準確定申告

(相続開始後4か月以内)

遺産分割協議

遺産の分割手続

(不動産登記申請,預貯金の払戻し又は名義変更,

有価証券(株式・信託受益権等)・自動車・電話加入権・

ゴルフ会員権の名義変更,動産(書画,骨董,貴金属等)の分割)

相続税の申告

(相続開始後10か月以内)

 

 



 cf.遺産にかかる基礎控除額=3,000万円+(600万円×相続人の数)