Q 平日は仕事をしているのですが,相談・依頼をすることはできますか?

A 当パートナーズの執務時間は,原則的には,平日の10時〜18時です。

  ただ,事前にご予約をいただいた方には,土日祝日・夜間の対応もさせていただいておりますので,お気軽にお問い合わせください。

Q 足が悪くて外出するのが困難ですが,相談・依頼をすることはできますか?

A 当パートナーズでは,本ウェブサイトをご覧になった遠方にお住まいの方,また外出するのが困難な方からのご相談・ご依頼も数多くいただいております。
   このような方からのご相談・ご依頼もお受けすることができますので,お気軽にお問い合わせください。

  また,これらの方からお寄せいただく質問で最も多いのは,自身が担当行政書士事務所や官公署等へ出向く必要があるかという点です。
  ご相談につきましては,電話・FAX・郵便・電子メール等のやりとりで行うことができます。その結果,可能であれば,ご依頼後の手続もそのまま進行することができ,お越しいただく必要はございません(ただ,法人・個人事業主の方,事案の複雑な場合等,ご相談・ご依頼の内容により,直接担当行政書士事務所にお越しいただく必要が生じる場合もございますので,予めご了承ください)。
  なお,担当行政書士からご相談者・ご依頼者の元へお伺いする必要が生じた場合は,

  交通費,及び,
 2 担当行政書士事務所からのアクセスが長時間のときは

   所要時間に基づく日当

   を別途いただくことがございます。

Q 緊急で相談・依頼をしたいのですが,本日でも可能ですか?

A 当パートナーズは,可能な限り,緊急のご相談・ご依頼にも対応したいと考えております。

  担当行政書士のスケジュール調整が可能であり,また必要と判断すれば,即日相談・即日受任・即日行動も可能ですので,まずはお問い合わせください。

Q 相談時・依頼時には,話しにくいこともあるのですが… 。

A ご相談・ご依頼をいただく際には,何事も包み隠さずお話しください


  ご相談・ご依頼に関連する状況・事情等をすべてお話いただきませんと,担当行政書士の判断を誤らせることにもなりかねません。また,ご相談者・ご依頼者において些細なこととお考えになったことでも,非常に重要な意味を持っていることも多々ございます。例えば,相続手続の場合,遺産分割協議成立後に,「実は,わずかですがこんな相続財産がありました」ということになると,協議のやり直しや追加をする必要が生じます。

  なお,お話しいただいた内容を,当パートナーズが外部に漏らすことはありません。担当行政書士及びその使用人には,職務上の守秘義務が課せられていますので,ご安心いただいてすべてをお話しください。

Q 一度にすべての費用を支払うことができないのですが…

A 行政書士費用は,上記のとおり,原則として,受任時に着手金,業務終了時に報酬金及び実費をそれぞれ一括払でご請求をさせていただきます。

  ただ,ご依頼者の事情を考慮して,(1)分割払又は(2)着手金なしの業務終了時一括払にも対応させていただいておりますので,ご希望の場合は,ご相談ください。